ヘッドフォンで聞こえない危険性に注意!


ヘッドフォンをつけて音楽を聞いている歩行者が
危険を知らせる音が聞こえず事故に遭うケースが増えているようです。


Lichensteinら(2012)は
2004から2011の間に起きたヘッドフォン使用で起きた歩行者の
交通事故の状況確認を行いました。
そのなかで、歩行者がヘッドフォンを使用することで
クラクションなど危険の警告音が聞こえず事故になったケースが
1/3を占めていたことが分かりました。

もちろん、ヘッドフォンは音を鳴らすもので
音の出ない耳栓とは違う部分もあります。
しかし、使用の状況によっては、耳栓使用時も
歩行時のヘッドフォン使用同様に
危険な状況になりえます。


例えば、工場内での作業中に
運搬車両やフォークリフトが接近してくるなどです。

警告する音が聞こえるかどうか・・・
何かの時に注意が向けることができるか・・・
これらは、身を守るために重要です。

実地で、実際に耳栓を使いながら
警告音の聞こえ、安全確認をすることはさらに重要です。
シッカリと確認しましょう!

なかには、特定の音が聞き取りやすい耳栓も取り扱われているので
状況によって使い分けるといいですね。


参考文献:
Lichenstein, R., Smith, D.C., Ambrose, J.L., Moody, L.A. (2012). Headphone use and pedestrian injury and death in the United States: 2004-2011. Injury Prevention, 18(5), 287-90. Epub 2012 Jan 16.


もし、この記事が何かお役に立てるものであれば
下記の「いいね」ボタンをよろしくお願いします。
私のモチベーションの維持にもなります!これからも頑張ります!!


No widget added yet.