セミ・インサート耳栓 【耳栓の種類】


「セミ・インサート耳栓(Semi-insert earplugs)」
という耳栓もあります。


このページでは、この「セミ・インサート耳栓
を説明していきます。

耳栓,セミインサート

セミ・インサート耳栓(Semi-insert earplugs)を直訳すると、(半分、耳穴に入っている耳栓)ということになります。
先端の耳穴に入る部分は柔らかい素材(例、ポリウレタン)でできています。右耳と左耳に装着する先端部分の間にヘッドフォンのヘッド・バンドのような軽量のバンドがついています。このバンドが付いていることで、使っていない時は首に下げておくことができます。ですので、長時間耳栓を使う場面というよりは、短時間の使用で、耳栓をつけたり外したりする頻度が高い場合に、使いやすくて便利がいいですね。耳栓を取り外した時に、落としてしまったり、紛失したりすることもなく、安心です。工場などで、一時的に大きな音がするような状況で使えそうですね。ご自身の使用状況に合わせて、有効に使っていける方法を見つけ出すと、有効に使えそうですね。

ただ、バンドの部分の重みもあるので、長時間使用すると耳が疲れてしまう可能性があるのも確かです。また、ヘッド・バンドの締め付け、具合が、自分の頭の大きさにマッチしているかも、長時間の使用になってくると疲れの要因になります。

先端の耳穴に入る部分は、使い捨てで交換しながら使うものが多いようです。先端部分の形は、円錐の形や球根の形をしている事が多いので、耳栓を耳穴に入れる時に、耳の奥へ押し込みすぎる心配もないですね。


もし、この記事が何かお役に立てるものであれば
下記の「いいね」ボタンをよろしくお願いします。
私のモチベーションの維持にもなります!これからも頑張ります!!




No widget added yet.