難聴の度合い


普段の生活、仕事をしていて
どれほど耳が悪くなっているか
分かりにくいものです。

特に、大きな音を出している工場で作業をしている人、
よくライブハウスに行って、音を大音量で聞くことが多い人、
その他大きな音をよく耳にしてしまう環境にいる人にとって
難聴になっていないか、どうかは気になるところです。

下記の表は、WHOで公表されている
難聴の度合いの表を和訳したものです。
特に下表の「パフォーマンス」をご覧になりながら
ご自身の現在の耳の聞こえ方と比較して
聞こえの状態をご確認ください。


もし、状態があまり良くない場合、
耳鼻科の先生などにご相談になると良いと思います。

また、前もって「予防」として
耳栓など耳保護具の使用をご検討するのも良いかもしれません!


WHO難聴の度合い

難聴の度合いISO聴力レベル
(健聴に比べて
どの程度聞き取り
にくいか)
パフォーマンス
(日常生活での
音の聞こえ)
提案
0 - 聴力損失なし25 dB 以下
(聞こえ良い側の耳で)
聴力に全く、または、
ほとんど問題なし。
ささやき声が聞こえる。
1 - 軽度難聴26-40 dB
(聞こえ良い側の耳で)
1m先で普通の大きさの声が
聞こえ、繰り返していうことが
できる
カウンセリングを受ける
補聴器が必要の可能性
2 - 中等度難聴41-60 dB
(聞こえ良い側の耳で)
1m先で大きく張り上げた声が
聞こえ、繰り返していうことが
できる
補聴器を使用することを
通常すすめる
3 - 高度難聴61-80 dB
(聞こえ良い側の耳で)
よく聞こえる側の耳であれば、
大声で叫んだ言葉のうち、
いくつかが聞こえる
補聴器が必須
補聴器がない場合
読唇(*)と手話が
教えられるべき
4 - 重度難聴
(聾を含む)
81 dB より更に大
(聞こえ良い側の耳で)
大きく叫んだ声でも、
聞き取ることも、理解することも
できない
補聴器が、言葉の理解に
役立つことがある
さらなる、リハビリが必要
読唇(*)と、手話が
時によって必須となる
WHOの「Grades of hearing impairment」を参考にしています。
難聴の度合い で2, 3 and 4という数字 が難聴での障害度を表しています。
ISO聴力レベルの値は、500, 1000, 2000, 4000 Hzでの聴力の平均値を表しています。
(*)読唇: 唇の動きを見ながら相手が何を言っているか理解すること。



もし、この記事が何かお役に立てるものであれば
下記の「いいね」ボタンをよろしくお願いします。
私のモチベーションの維持にもなります!これからも頑張ります!!


No widget added yet.