聴覚疲労


聴覚疲労とは、必要以上の強い音をならした時、その音がなり終わった後でも、音の聞こえが一時的に悪くなる現象。音の長さが長くなると、聴覚疲労が起こりやすい。低い音で、特にノイズっぽい音であると、あまり疲労が起きない。高い音ではよく見られる。内耳にある振動を電気信号に変換する機能を持つ毛細胞の一過性の機能異常と考えられている。

聴覚疲労が気にならないように、耳栓で予防すると良いかもしれません。


参考文献
Moore,B.C.J. (1997) An Introduction to the Psychology of Hearing, 4th eds. Academic Press, San Diego.
Yost, W.A. (1994) Fundamentals of Hearing: An Introduction. Academic Press, San Diego.
日本音響学会. (1988) 音響用語辞典(初版). コロナ社, 東京.


No widget added yet.