耳栓の種類・まとめ


耳栓の種類はたくさんあり
またメーカー各社もそれぞれ特徴のある耳栓を作っています。


一度、どんなタイプの耳栓があるか全体像を見渡してみると
今使っているものに比べて、状況にさらにマッチした耳栓を見つけられるかもしれません。

耳栓,フォーム

フォーム耳栓(Foam earplugs)は、おそらく最も使用されている種類の耳栓です。軟らかい素材で作られていて、耳穴に差し込んだところで、耳穴にフィットするように作られています。正しく装着するには、コツが必要です。安価なので購入しやすいのですが、使い捨てのものになります。詳しくは、「フォーム耳栓」へ。

耳栓,プレモールド

プレ・モールド耳栓(Pre-molded earplugs)は、金型などに樹脂を流し込んで作られているタイプの耳栓です。耳栓の出っ張り部分(フランジ)が傘の形、リング状、球根の形でついていることが特徴です。この形により、耳穴の奥のほうまで差し込まれないようになっています。詳しくは、「プレ・モールド耳栓」へ。

カスタムモールド耳栓


カスタム・モールド耳栓(Custom molded earplugs)は、耳型をとって個々人の耳の形に合わせて作成する耳栓のこと。耳の形にマッチしているので良い反面、作成する側の技術力による部分も大きい。詳しくは、「カスタム・モールド耳栓」へ。

耳栓,セミインサート

セミ・インサート耳栓(Semi-insert earplugs)は、耳に入れる先端部分は軟らかい素材でできていて、左右の耳に入る先端部分の間に、ヘッド・バンドが付いている耳栓。短時間の装用で、特に耳栓をつけたり外したりしながら使うような状況では便利。耳栓を落としたり、紛失したりしにくい。詳しくは、「セミ・インサート耳栓」へ。



もし、この記事が何かお役に立てるものであれば
下記の「いいね」ボタンをよろしくお願いします。
私のモチベーションの維持にもなります!これからも頑張ります!!




No widget added yet.