プレ・モールド耳栓 【耳栓の種類】


耳栓の1種で「プレ・モールド耳栓(Pre-molded earplugs)」
と呼ばれているものがあります。


このページでは、この「プレ・モールド耳栓
について簡単に説明ます。

耳栓,プレモールド

プレ・モールド耳栓(Pre-molded earplugs)を直訳すると、プレ(はじめから)モールド(金型などで形が既成の耳栓)という意味になります。シリコン、軟らかいプラスチック、エラストマーといったような材料を使われていることが多いようです。

耳栓の形としては、円錐(えんすい)のような傘の形、軸の周りにリングのような物が付いている形、または、球根のような形をしている物が多いです。傘、リング、球根の形をしている出っ張り部分(フランジ)は、1段だけでなく、2段、3段になっている場合もあります。段数を多くすることで耳栓の耳穴からの外れにくさ、外からの音が入ってくることを漏らさず抑えるようになっています。ただし、単純に出っ張りの段数が多いものがよい訳ではなくて、それぞれの段の出っ張りが耳穴の形にどのようにマッチしているかなどによるようです。

プレ・モールド耳栓の長時間使用の時のつけ心地、耳の疲れは、使用されている素材の自体の特徴だけでなく、出っ張り部分の形やその段数が耳穴へのアタリで決まってくるので、色々と出っ張り部分の形や段数については、工夫されていることが多いです。

幾つか違ったサイズが揃えてあることもあります。ただし、既成のサイズになってしまうので、決められたサイズの耳栓の中から最も自分の耳にあったものを探す形になります。

プレ・モールド耳栓の先端部分が傘の形、リング、球根などの形となっているため、耳栓の挿入時に耳穴の奥へと入りすぎにくいようになっています。
また、使い捨てではなく、洗って何度も使うことができるところが特徴の一つです。



もし、この記事が何かお役に立てるものであれば
下記の「いいね」ボタンをよろしくお願いします。
私のモチベーションの維持にもなります!これからも頑張ります!!


No widget added yet.