労働安全衛生法


労働安全衛生法とは、職場における労働者の安全と健康を確保、快適な職場環境を促進することが目的である法律。労働契約上、事業者が守るべき安全衛生の最低基準を定めている。危険な機械、設備、有害材料の製造、流通過程の関係者や、注文者等に対しても罰則を伴う義務を課している。労働安全衛生法はあくまでも守るべき最低限のもので、法定基準以外の労働災害発生の危険防止についても、事業者は安全配慮義務を負っている。したがって、労働安全衛生法上の刑事責任を免れることと、民事上の損害賠償責任とでは必ずしも一致するものではない。

適切な場面での耳保護具、耳栓の使用をオススメします。


労働安全衛生法の詳細はこちら・・・
労働安全衛生規則(労働安全衛生法に基づいて定められた厚生労働省令)での保護具の記述詳細はこちら・・・


参考文献
外井 浩志. (2010) 経営者の労働災害防止責任安全配慮義務Q&A(第2版). 中央労働災害防止協会, 東京.


労働安全,耳栓,騒音

おすすめの作業用耳栓を紹介しています。詳細はクリック!


労働安全,耳栓,騒音,情報

労働安全のための耳栓の情報を発信しています!選び方、使い方などを提案しています!


No widget added yet.