装着用ツールがある場合は活用しましょう!


シリコン耳栓(傘型など)は
耳栓挿入時に、耳穴への接触、摩擦により
まっすぐと入らないことがあります。

もし、使用している時に耳栓と耳穴との間に隙間があるとせっかくの耳栓がもっている性能を十分に発揮できず・・・残念な結果になってしまいます。状況によっては、発揮できてないことがかなり顕著になる場合もあるようです。詳しくは、下記の記事をご覧ください・・・
「耳栓装着がしっかりと装着できていない場合の音漏れ」

もし、ご使用の耳栓に装着用のツールが付属している場合は一度ためしてみると良いかもしれません。ただ、ツールがあるからと、強く押し込みすぎると良くないので、ちょうどよいポイントを見つけると良いですね。

耳栓,挿入,ツール

耳穴に接触するときの摩擦によって、耳栓の傘部分の方向がズレてしまいます。傘部分表面の滑りやすさにもよります。曲がったままの状態では、音漏れを起こしやすいので注意しましょう!



耳栓,挿入,ツール

傘が耳穴へ接触してもツールが支えてくれるので、まっすぐ耳栓が入りやすいですね。ツールを使って、耳栓の耳穴への密閉も確認できますね!




もし、この記事が何かお役に立てるものであれば
下記の「いいね」ボタンをよろしくお願いします。
私のモチベーションの維持にもなります!これからも頑張ります!!




No widget added yet.